2009年04月18日

植物性 乳酸菌

・・現代人と乳酸菌・・

「植物性 乳酸菌ラブレ」(カゴメ)が植物性乳酸菌からできていることは有名。
では、植物性 乳酸菌は何が違うのか。

ちなみに、この乳酸菌(ラブレ)は、京都の漬け物「すぐき」から採っているそうですよ(^_^)

----------------
◆植物性 乳酸菌 〜特徴
「植物性 乳酸菌」とは、野菜や穀物など植物性素材を発酵させて、漬物や味噌を作る乳酸菌のことで、動物性 乳酸菌より胃や腸内での生命力が強いのが特徴。


◆植物性 乳酸菌 〜なぜ必要?
加齢と共に、腸内の善玉菌(ビフィズス菌)が減少し、悪玉菌(ウェルシュ菌)が増えるので、大人は善玉菌を増やす必要があり、そのために腸内で生存できる強い乳酸菌が必要なわけです。


◆植物性 乳酸菌 〜乳酸菌飲料以外からも摂取できるってほんと?
特に京都のすぐき漬や、キムチを始めとした漬物類や味噌・醤油などにも豊富に含まれているようなので、いわゆる和食系の食生活をしていれば十分に摂取できるといえます。
しかし、ファストフードや洋食中心の現代では、不足気味になる可能性がありますので、乳酸菌飲料なども用いるとよいと思います。
----------------


・・乳酸菌の効果・・
身体に良い乳酸菌を含んだヨーグルトは、研究により、さまざまな効果が確認されています。
身近に感じる乳酸菌の良いところは、こんなこと。


◇便秘に効果的
ヨーグルトの乳酸菌が作る乳酸や酢酸は腸に刺激を与えて、その動きを活発にします。
すると食物の消化吸収がスムーズに進み、便もすみやかに排泄されるようになり、それによって、悪玉菌が食べ物を分解して作る有害物質を腸内に長時間ためず、体外に出すことができるのです。


◇肌荒れ、ニキビ、吹き出物を解消
腸内の悪玉菌のはたらきがおさえられると、腸から吸収されて血液などと共に身体中にまわっていた有害物質が減ります。すると、お肌も健康回復。美の秘けつは、腸内の善玉菌をヨーグルトで増やすことなんです。


◇身体の免疫力を高める
外から来るウイルスや細菌から身体を守るのが免疫の力。その力が落ちたとき、人は病気に感染します。
ヨーグルトで元気になる善玉菌の中には、免疫機能を活性化させ、ウイルスや細菌、がんから私たちを守ってくれるインターフェロンの生産を助けるものがあり、がん細胞を殺すキラー細胞と呼ばれる免疫細胞を活性化するものなんかもあります。

----------------

腸内の植物性乳酸菌が増えると、上記のような効果や、予防が可能なんですね。
是非、これから毎日、「植物性 乳酸菌」を摂ろう!
posted by uchitomo at 17:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。