2009年04月16日

花粉症と乳酸菌

・・花粉症と乳酸菌の意外な関係・・

乳酸菌とは「乳糖やブドウ糖を分解して大量の乳酸をつくる細菌」の総称
私たちの腸内には、約100種類、約100兆個もの細菌が住んでいます。
なんと!合計すると約1kg以上にもなるそうですよ。

まずは、乳酸菌についてまとめてみました
----------------
◆乳酸菌の いろは 〜善玉菌 と 悪玉菌
乳酸菌は、ご存知のとおり「善玉菌」約40種類程度存在すると言われています。
細菌は善玉菌と悪玉菌に分かれ、片方が増えれば、片方は減る。そうした「陣取り」を繰り広げているのです。これらの細菌を腸内細菌、または腸内菌といいます。


◆乳酸菌の いろは 〜乳酸菌(善玉菌)はどうやって育つの?
乳酸菌は一般に5大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質、無機質、ビタミン)を要求すると言われています。。すなわち乳酸菌は人間と同じ栄養素を要求するということです。
乳酸菌は栄養素を他から取り込まなければならない生物なんですね(^_^)


◆乳酸菌の いろは 〜乳酸菌(善玉菌)は必要?
乳酸菌は糖(乳糖)を消費してエネルギーを生成しますから、私たちの健康を維持する上でかかせない存在なんです。


◆乳酸菌の いろは 〜ヨーグルト、いっぱい食べればいいの?
乳酸菌というのは、99.9%が胃酸で死んでしまいます。
ですから、生きた乳酸菌が腸まで届くことはほとんどないといってもいいでしょう。
また、例えあったとしても、わずか0.1%程。
ですから、たくさん食べればよいというのは間違いです。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が胃酸や胆汁で死んでしまいますが、この死骸は腸に棲む善玉菌のエサになるので、その結果、善玉菌を増やします。ですから、ヨーグルトは腸にいい、というのには間違いないのです☆(*^^*)v

----------------
毎年やってくる花粉症。
いつの頃からか、耳鼻科の常連、薬でなんとかやってます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
そんな中、「花粉症と乳酸菌」の意外な関係があるということ、みなさんご存知でしたか?
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

花粉症と乳酸菌?と思ってしまいますが、花粉症と乳酸菌の関係は今とても注目されています。
乳酸菌には腸内の善玉菌を増加させるという作用がありますが、花粉症に乳酸菌が関係しているのは、この腸内細菌が深く関係しているからなのです。

◆乳酸菌と花粉症 〜具体的になぜ?
腸内細菌の善玉菌が増加し、便通を改善するというこの効果が長く続くと、花粉症の発症予防になるようです。
また、アレルギーになりにくい体質を作ることに一役買ってくれるというのです。
まだ、花粉症の症状のない方、いつなるか分からない花粉症。
ここは乳酸菌と花粉症 効果で、がっちり守っておいたほうがいいのでは?


◆乳酸菌と花粉症 〜鼻炎には効くの?
乳酸菌は花粉症だけでなく、季節に関係ない通年性鼻アレルギーの症状を緩和させたり、アトピー性皮膚炎の発症を予防するという作用もあるようですよ。

----------------
一時、風のうわさで、「乳製品は花粉症に悪いから食べないほうがいい」というのを聞いたことがあります。

その人いわく、「食べなかったら、最近治ったかも!」と・・・?(*_*)?

「病は気から」なんですかね?(^_^);;



それにしても、「乳酸菌と花粉症」
もっと前に知っておきたかった。






posted by uchitomo at 19:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。